今月、韓国の暗号通貨取引所と銀行の新しいアカウントシステムがデータを共有する

暗号通貨ニュース(海外サイト)

韓国政府は今月、6つの大手銀行が暗号通貨取引所サービスを提供する用意があると発表した。

新制度の下では、政府は取引所にユーザーデータを銀行と共有することを要求している。

 

取引所と銀行のデータ交換

韓国金融サービス委員会(FSC)は、日曜日に新しい暗号通貨アカウントの実名システムについていくつかの詳細を発表した。

FSC関係者は、「投資家が引用したように、政府はユーザーとの取引データを銀行と共有するために暗号通貨取引所を要求する予定だ」と述べた。

 

新しいシステムは、暗号通貨の匿名取引を可能にする暗号通貨アカウントの使用の現在の慣行を終了します。

これらの口座は、取引所の顧客が取引所で暗号通貨を購入または販売するために銀行によって発行されます。

規制当局は、金融機関が新しいアカウントを発行することを禁止し、預金と引き出しに「真の名前の銀行口座と一致する口座のみを使用できるようにする」と報じた。

 

1月30日に6つの銀行が新しいシステムを導入する

FSCの発表によると、デジタルタイムズによると、農協、産業銀行、KB국민銀行、新韓銀行などの6つの商業銀行が1月30日から新しいシステムを導入するという。

当初、システムは1月20日頃に導入される予定でした。

 

暗号通貨取引をサポートしている6つの商業銀行は、バーチャルマネーリアルネームシステムに変換し、30日から本格的なサービスを提供するための入出金システムを確立する。

 

しかし、この新しいサービスは「既存の暗号通貨アカウントユーザーをターゲットとしており、当面は新しいアカウントの開設は中止される」と言われている。

 

マネーロンダリング防止と課税

金融諜報部(FIU)は、韓国の6大銀行の検査の結果 、暗号通貨に関連するマネーロンダリング防止(AML)ガイドラインを準備中である。

実名システムはAMLに準拠します。 「マネーロンダリングからの違法資金を阻止し、

バーチャルマネー投資が禁止されている未成年者を除外することが期待されている」とニュース配信社は伝えた。

銀行はAMLの義務を負っており、暗号通貨取引業者の取引記録を確認し、維持する必要があります。

さらに、新しいシステムは、政府が「銀行を通じて暗号通貨取引情報をある程度把握する」ことを可能にすると、

 

政府は暗号通貨取引情報にアクセスすることができるので、この情報に基づいて課税をスピードアップする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました