今、ある日本の都市は暗号通貨マイナーたちを引きつけています再利用エネルギーと共に

日本のこのある都市の政府は、冬季の間は再利用エネルギーと低温でクリーンな電気を使うため

今暗号通貨マイナーに注目されている事を知っています。

ある企業は、ビットコインを含む10の暗号通貨を採掘するために、この都市に「クリーンエネルギーに基づく最初のマイニング拠点」を開設すると発表しました。

 

マイニング拠点では、まず600台のコンピュータが設置され、ビットコインなどの約10種類の仮想通貨を扱うことで、

年間約3億円の鉱業を実現することが期待されている。

 

マイナーを誘致する日本の都市

日本の鹿角市は、企業が再生可能エネルギーを利用するよう誘致しようとしています。

日本の本島の山岳部である秋田県に位置し、人口は約32,000人です。

鹿角市は湿気の多い大陸気候で、冬には雪が降っています。

「鹿角市の年間平均気温は低く、マイニング用コンピュータの熱を処理するための熱排出/冷却効果の改善におそらく寄与している」

 

鹿角市発マイニングセンター

ビットコインなどの暗号通貨のマイニングを営む東京に本拠を置くマイナーガレージ(株)は最近、鹿角市での営業認定と招請を発表した。

「市の協力を得て、クリーンエネルギーの天然資源を利用することで、

マイナーガレージは、2017年12月に第1のクリーンエネルギーベースの日本のマイニング施設を開設し、

運用することになる」と大俣拓也社長は述べた。

このような天然資源を利用して、「日本でのマイニングは可能であり、多くの外国マイニング会社と競争することができる」と考えている

 

マイナー・ガレージは地元で雇用を創出し、ブロックチェーンエンジニアを養成します。

同社は現在、東北電力と再生可能エネルギー調達について交渉中である。

guyt

guyt

漫画アニメ・音楽・トレーニング大好きGuyTです! 自営業をしながら兼業投資家をしております。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA