Bitcoinハードフォークの準備が着々と進められています。

現時点では、Bitcoinネットワーク用に2つのフォークが計画されており、

暗号通貨の提案者は最良の準備を進めております。

1つのフォークはBitcoin Goldと呼ばれ、10月25日に予定されていますが、

他のハードフォークSegwit2x(BTC1)と呼ばれるもの11月中頃か

ブロックの容量が494784になるものでしょうか。

 

現在、次の数週間に2つのBitcoinフォークが発生する予定です。

これは、すべてのブロック間で分割が発生した場合、

Satoshi Nakamotoが作成した元のBitcoinブロックチェーンと同じトランザクション履歴を共有する

合計4つのブロックチェーンが存在する可能性があることを意味します。

 

Bitcoin Gold (BTG)プロジェクトはネットワークをフォークして、

特定用途向けIC(ASIC)の「抵抗性」バージョンのビットコインを作成することを目的としています。

彼らがネットワークをフォークしているのは、ASICのマイニングが集中しすぎているとチームが考えているからです。

そのため、BTGの開発者は、元のプロトコルのコンセンサスをEquihashというアルゴリズムに変更することで、

グラフィックプロセッシングユニット(GPU)を使用して採掘可能なビットコインにする予定です。

このハードフォークは、開発者が述べた10月25日に予定されていますが、ネットワーク自体は11月1日までは公開されません。

 

Segwit2xハードフォークは、過去の春のニューヨーク合意(NYA)に由来する技術的な妥協点であり、

大部分のマイナー側と事業の間にあります。

一部の人々はNYAの妥協がマイナーにハッシュレート議決権を使用して

最終的に分離監視(Segwit)プロトコルを実装するのを助けたと考えています。

しかし、セグウィットの活性化は、3ヵ月後に2MBのブロックサイズのハードフォークが行われるという合意に達しました。

このハードフォークはハッシュレートに応じて約ブロックの容量が494784、およそ11月18日前後になります。

 

フォーク中およびフォーク後

ビットコインホルダーはフォークの前、フォーク中、フォーク後に知っておくべきことがいくつかあります。

フォークの前に、ユーザーは適切なタイミングで適切な場所に資金があることを確認しておく必要があります。

これは、トレーダーのような人々が使う取引所に保管しない事、非保管の財布に資金を保持することを意味します。

ほとんどの人はこの方法に同意しており、ビットコインの保有量を完全に管理するために、

独自の秘密鍵を持って自分の資金を維持することが推奨されます。

したがって、フォークの前に、ユーザーがBTC秘密を保管していない財布に入れておくと、シードフレーズまたは秘密鍵が利用可能であることを確認する必要があります。

個人が秘密鍵を所有している場合、フォークの前後で資金を完全に管理できている事を意味します。

ユーザーが保管預金口座または取引所等に資金を保管することを選択した場合、プロバイダが管理していることを十分に理解しておく必要があります

フォーク中に取引所は預金と引き出しを制限したり、取引を一時的に停止することさえあります。

取引所に保管しているユーザーは、最終的にはその管理下に自分たちの資金が左右される事を常に知っていなければなりません。

フォーク中にビットコイントの送受信をすることが最良のアイデアではないということに、ほとんどの人が同意しています。

ビットコインネットワークで取引する前に、100%落ち着くまで人々は忍耐強くなければなりません。

ブロックチェーンの再編成、リプレイ攻撃、確認時間の延長など、フォークと混同する可能性があります。

フォークの後も、忍耐を保つことは良い考えです。

分割されたネットワークを使用する前に、両方のフォークの信頼できるインフラストラクチャの調査を開始できます。

ここから秘密鍵をインポートする方法を理解して、スプリットトークンを要求したり、ウォレットや交換プロバイダからツールを分割するのを待つことができます。

たとえば、多くのBitcoin Walletユーザーは、アプリのメンテナーがツールを作成するか、今夏に生まれた新しいネットワークを完全にサポートするのを待たなければなりませんでした。

いくつかの人々は、ウォレットの提供者や取引所がサポートや特別なチェーン分割ツールを使用するまで数日から数週間待たなければならない場合があります。

guyt

guyt

漫画アニメ・音楽・トレーニング大好きGuyTです! 自営業をしながら兼業投資家をしております。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA